スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人1殺の精神で

先日課金忘れの為、早々に落ちた私でしたが
11月に3か月分課金してたのを忘れてました。
どうりで落ちなかったわけです。
課金してたかどうか、月末になるまえに確認しておくべきでしたなぁ。

2/1のFMO、ちょっと家庭の事情で時間を潰してしまい、INしたのが0時過ぎ
厳密に言えば2/2ですね ^^;
既に敵さんも枯れ始めた時間帯でした。
そんな中、BGを立てちょっと準備をしていたら、続々と人が集まり8人に・・・

■1戦目 勝利
 「Sawaki-SP」x8機 VS 「N戦」
≫この戦闘は、N戦でした。時間帯が0時~1時が一番微妙かもしれないですね。

■2戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x8機 VS 「N.A.S.S.O」x7機(フル)
≫この戦闘は、こちら側から乱入した戦闘。人を増やす為に、総員コストを2に下げて居た為
 出撃時のTCは14でした。途中増援で1機増えましたが、コス2の重武装系だと、速度が40と遅く
 C1方面へ移動中、B4ラインへ移動し南部からの北上速攻攻撃をしてきた敵軍に
 参加直後の増援が落され、C1にたどり着く前に全機反転。
 ジラーニを運用したミサイラーがいて、そのMSに悩まされ。各機敵前衛とMPの猛攻に潰されて落伍。
 何も出来ないままに終わった戦闘でした。

■3戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x7機 VS 「N.A.S.S.O」x8機(フル)
≫この戦闘は、2戦目より一人減り、相手は同じ「N.A.S.S.O」でした。
 攻撃のパターンはある程度決まってるのを知っているので、行動予測は出来ていたつもりでしたが
 流石歴戦の強者達です。コストで負けていた分もありましたが、此方のB3ラインからの突撃具合が甘く
 各機、タゲがばらけたのもあって、落されていき敗北。

■4戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x7機 VS 「N.A.S.S.O」x8機(フル)
≫この戦闘は、「N.A.S.S.O」との3戦目。
 流石に嫌らしく疾走するジラーニミサをどうにかしようという話になり。
 あらゆる攻撃をうけようとも、その被害を無視し、
 ジラーニを見つけ次第各個突撃をかけるという、もう既に勝ちを捨てた突撃でした。
 自機は一応ジラーニに張り付いたものの、他の友軍機は、反撃に転じた為。
 両盾持ちアイテムBPのジラーニを破壊するのに手を焼いてしまい。
 すぐ横の岩陰に潜んでいたCMのRFに打ち抜かれるという始末。
 その後、残存する友軍が追従し、CMを撃破?わずかながら敵機を落せたようです。
 玉砕。

■5戦目 勝利
 「Sawaki-SP」x6機 VS 「INSOMUNIA」x3機
≫この戦闘は、こちらから乱入したものです。
 開始時、敵増援を待ちましたが、来る気配がなかったのでD1へ移動。
 TC差は3でしたが、機数も3機こちらが多く、なんだか悪い気がしました。
 D1から山壁伝いにD2へ移動。するとNメカを発見。
 まずNメカの撃破から開始し、撃破後各機他を潰しに掛かり勝利。
 敵は、メカ1、アサ2の編成で、攻撃力は此方が優勢ではありましたが、
 Nメカの回復量は想像以上にすさまじく、Pメカの回復の壁もあり撃破に苦しみました。
 勝利したものの、何機か落ちてます。Nメカ侮りがたし。

■6戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x5機 VS 「野良」x5機
≫この戦闘は、Nを撃破後幅広く展開した戦闘です。
 各員をD1に1機、C1に1機、B4へ2機、自分はB3へと
 C3を決戦場と定め、合図と共に敵へ突撃したものでした。
 突撃の際に敵が補足した、南方の2機に総攻撃を掛けたため
 挟撃があまり上手くいかず、各機落されて負けてしまいました。
 こういった展開のしかたも悪くはないなぁと思った次第ですが
 あまり多様するもんじゃないですね。

■7戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x6機 VS 「INSOMUNIA」x4機
≫戦闘の詳細を覚えていませんが、Nを撃破したら、相手もNを撃破し
 カチンコ勝負になった記憶があります。 
 結局衛生兵の居ない此方が競り負けました。

■8戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x5機 VS 「INSOMUNIA」x5機
≫戦闘の詳細を覚えていませんが、敵メカが回線状況が悪く、
 メカ突撃した友軍機は「!?」と調子を狂わされた戦闘でした。
 タゲを変更するのに失敗して、各機落されて敗北。

■9戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x5機 VS 「INSOMUNIA」x5機
≫戦闘の詳細を覚えていませんが、敵メカが回線状況は回復した模様でしたが
 そのメカの回復量に手を焼き、各機落ち全滅。

■10戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x5機 VS 「野良」x9機
≫この戦闘は、敵が乱入してきたもので、C1方面へ移動中。友軍の増援が2機
 裏を警戒していた友軍機が、敵に気が付くも敵情報告が送れ
 増援できた友軍機がMSとアサの餌食になり。
 残存機はそのままC1へ移動。その時点で2機落ち3機被弾。
 B1-2に展開している敵中へ、残存機で突撃をかけ玉砕。

■11戦目 勝敗不明
 「Sawaki-SP」x7機 VS 「EXECUTOR」x4機
≫この戦闘は、敵が乱入してきたもので、数の上ではこちら側が上でしたが
 敵の中に、アイテムBPのアサがおり、使い方が巧みで友軍機2機と渡り合ってました。
 TC差2といえど、機数が3勝っており、勝てると油断してたのもあったとおもいますが
 数だけでなく、連携が必要だなと思った次第です。
 勝敗は良く覚えてないので不明とします。

■12戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x10機 VS 「BURIKI-ONE」x7機
≫この戦闘は、敵の増援が来るのを待とうじゃないかと言う事で、ドロップ地点で暫く待機し
 増援1機増えたところで、時間を決めて移動を開始した戦闘。
 しかし、この敵を待っている間に、敵はA4ラインへ移動しC3帯のレコBPを持つレコンを用意し
 こちらの移動開始と共に、ロック+突撃をしてきたので。
 いきなりのMSと敵の突撃に翻弄され、態勢が整わないまま、各機落され玉砕。
 MS腕を基本装備とするような編成のBGでした。

■13戦目 勝利
 「Sawaki-SP」x9機 VS 「INSOMUNIA」x7機
≫この戦闘は、相手側に11戦目に戦った衝撃耐性のアイテムアサがおり
 一人突出してB3へ展開してました。このアサを早々に撃破しようと試みるも
 友軍の殆んどがSGスイッチだっただめ、容易に削れず。
 撃破に時間を食われていると、敵のMSが
 このアサは身を挺して、マーカーの役を担っていたようです。
 海上にミサイラが展開しており、こちらの武器が届かない為、他の敵機を攻撃。
 残ったミサイラが上がってきたのを撃破し、勝利。

■14戦目 勝敗不明
 「Sawaki-SP」x10機 VS 「BURIKI-ONE」x7機
≫この戦闘は、先の戦いで奇襲を食らってしまった相手との雪辱戦。
 敵の編成が既に割れている為、攻撃の方法もおおよその検討がつきます。
 敵がレコンをつかって展開する前に、B3からの総突撃で、まずレコンを探し潰そうという話になり
 各機突撃しながら敵を探り、目標をを撃破。
 敵は基本がMS腕だったため近接時の総攻撃力はこちらに分があり
 至近戦闘で押せたものだと記憶しています。
 ただ、勝利したか玉砕したかは、記録忘れた為覚えておりません。

 
※ココから先は戦闘詳細は省略し、結果のみ。


■15戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x8機 VS 「N.A.S.S.O」x10機

■16戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x9機 VS 「N.A.S.S.O」x10機

■17戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x7機 VS 「INSOMUNIA」x7機

■18戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x7機 VS 「INSOMUNIA」x7機

■19戦目 玉砕
 「Sawaki-SP」x7機 VS 「INSOMUNIA」x8機



この日の戦闘で感じたことは
VCの有無で随分、指示の出し方がやりにくくなるなぁと思ったところです。
普段自分はVCを使って喋る方なので、割かし文字チャットはしない方ですが
敵のタゲ指示を撃ってる間に、敵が接近してくることなどがあり。
こう、上手く戦闘を動かせないもどかしさを感じてしまいました。
RVとかを上手く併用すればもっと色々とできる気もするんですが
色々一気にやると、慣れてない分難しいですね。

まぁ、いろんな戦いを展開して、敵軍の記憶に残るSQになるように努めようと思います。

戦闘に参加してくれた友軍諸君に感謝。
スポンサーサイト

コメント


Re: 1人1殺の精神で

N.A.S.S.Oにいた60km/hEMPは僕でした。
全突相手は真っ先に狙われ気味なので恐ろしいですな・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://usnblog.blog92.fc2.com/tb.php/92-7a2ffc35

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。